台風接近

台風26号が接近。規模的には10年前の台風22号と同規模と…思い起こせば10年前の時は富里市の職員として、36時間通しで冠水処理を行っていた記憶が。道路も畑も一面が冠水し、汲んでも汲んでも思ったような改善に至らず。それでも流末がある場所はよいが、ない場所は自然に任せるしかない歯がゆさ。勢力が弱まってほしい、コースがずれてほしいと、今は願うばかり。

富里市は雨水処理には、まだまだ課題が残されている。地形的な問題もあれば、流末までの経路の問題と、さまざまである。大きな被害に至らないからこそ、許されたこともあったが、気象変化をみていけば、改善は急務である。財源の厳しい中ではあるものの、計画的に一つ一つ積み重ねていかなければと…

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする