三重県松阪市 山中市長が語る

「みんなで一緒に汗を流し、責任と役割を共有する」市民参加・行政との連携と聞く言葉ではあるが、現実は試行錯誤の連続である中、しっかりと仕組みを構築し、一つ一つ積み上げ続ける松阪市。その中心となり自らが、コーディネーターとして汗を流すのが「山中光茂松阪市長」である。40歳という若さもさることながら、自分の考えに自信がみなぎっている。富里市北部コミュニティーセンターにおいて、山中松阪市長の講演会が開催され出席。

自分は「誰のために何のために何をすべきなのか」をしっかりと持つことで信念が生まれ、大きな力となっていく。自分を振り返ることができた講演、反省が見えてきた講演であった。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする