荒れた?3月議会閉会

3月18日をもって、平成25年第一回定例議会が閉会。この3月議会は、平成25年度当初予算審査もあり…会派結成後、初めてともいうべき議会となったため、随時会派会議を開催し、情報の交換や勉強会を実施。まだまだ力不足の三人だが、互いの刺激にもなり一人ひとりが議員として成長できればと。

最終日は、議会運営委員会・会派代表者会議・全員協議会・特別委員会・本会議とめまぐるしいスケジュールとなる。特に議員となって初めて荒れた最終日となった。一ついえることは、市民の負託を受けた議員として、常に責任と緊張感をもって取組まなければならない。当たり前ではあるが、議員としての品格とルールに徹した姿勢を改めて自覚した最終日となる。

自分の主張が一つずつ形に表れてきている。その一方で主張したにも関わらず、提言が通らず「だから言ったのに」ということも増えている。しかし、見方を変えれば「何故、もっと推し進めなかったのか」と自分の不甲斐ない姿勢への反省と、まだまだ成長できていないことを実感。議員となって二年が終わる。種まきも終わり、残り二年は、花を咲かせることに全力疾走。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする