「絆が育てるプロジェクト」大成功

「それいいよ。やってみようよ」三か月前、虹の会会長との会話から始まった「絆が育てるプロジェクト」まさか、ここまで出来るとは…団体の立ち上げから始まり、いわき市の子供たちを招くという計画を打ち出し、そして、多くの方々に協力を仰ぎ…昨日にバスを貸切いわき市に迎え出発。常磐軟式野球スポーツ少年団19名と保護者を乗せたバスが富里市へと。夜は、千葉ロッテマリーンズの協力により「ロッテ選手激励会」に参加。素晴らしい演出に感激と感謝。何よりも子供たちの笑顔が嬉しい限り。本日は朝から、地元ラディソンエンゼルスと交流試合。結果は5対0で常盤の勝利。さすがに全国大会常連チームである。試合が終わるころには、互いの子供たちがニックネームで呼び合う姿も。そして、閉会・見送りとなったのだか、常盤の保護者からは感謝の涙が…そして、子供たちも惜しみながら、いつまでも手を振り続け…大成功に終わった。僕自身、大したことも出来なかったが、虹の会のメンバーの努力が実を結んだ結果である。皆さん本当にお疲れ様でした。そして、協力していただいた方々に、心よりお礼申し上げます。常盤の子供たち、これからもがんばれ!富里から応援しています。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする