総務建設常任委員会

昨日は、総務建設常任委員会。午前中は、議案箇所の現地調査。酒々井インター関連に伴う市道の認定廃止と認定の変更箇所及び、新規信号機設置箇所を回る。特に七栄地先の信号機については、要望に基づき動いてきた個所でもあり、努力した甲斐があった。

午後からは各議案審査。補正予算以外は、一括法に伴う条例の制定と市道認定の廃止・変更・認定が主となっており、内容的には問題なしとの判断。また、補正予算についても、道路維持補修費の増額やファミリータウン法面工事費の増額と、状況から判断しても早急な対応が求められることからも認められる内容である。13議案とも全員一致で可決。

消費税増税反対の請願採択については、3党合意の内容も踏まえ、且つ経済対策等を勘案したうえでも「消費税増税やむなし」との判断から、不採択としたが、結果、全員不採択となる。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする