全員協議会実施

昨日、森田健作「青春の力」出版記念パーティに出席。「富里が千葉を変える千葉が日本を変える」そんな思いで「固い握手」。「頑張れ!応援しいる」という力強い言葉に感無量。昼間は「全員協議会」の開催。議題は「市街化調整区域における土地利用方針及び地区計画ガイドライン」と「新保健センター」である。地区計画ガイドラインについては、昨年から議会において一般質問を度々し、いよいよ現実へと移行されようとしている。がしかし、制度があるから実施するのではなく、制度を活用し、いかに富里市を成長させるかがポイント。そういった意味では、その意気込みに乏しさを感じ、おのずと計画にも見え隠れしている。まだまだ目は離せない。新保健センターについては、不透明な中で物事が進まれている。基本的な整理(財源計画・他事業との関連性・本庁舎との関連性等)もなされていない中で、12月議会に基本設計の補正予算を要求するとのことに対し、「25年度に行うべき。基本事項の整理が先決」と主張。明確な回答は得られず、「市長公約」という言葉だけが耳に残る。保健センターの必要性は理解しているが、まずは課題の整理が先決のはず…市民の付託を受けた議員として、道筋を誤らず毅然とした姿勢で今後も望む。

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする