小中学校音楽祭出席

昨日「第25回富里市小中学校音楽祭」に出席。会場には、参加する市内小中学生をはじめ、学校関係者や保護者で賑わう。それぞれが、日頃の成果を発揮するのだが、その姿勢・眼差しには毎年感動をもたらしてくれる。今年も、それぞれの学校が思考を凝らしており、その歌声からは日頃の練習風景が映し出されてくれる。

「特に気を付けて練習したこと。それは、一つ一つの言葉に思いを込めること」そんな言葉が口にされたが、まさに、小さな体を振り絞り、張り出される声には本当に感動である。ただ単に、小中学生の音楽祭として聞くだけでなく、さまざまな角度から目にするならば、考えさせられることや、改めて強く思うことが浮かんでくる。この純粋な子供たちが、自ら将来を切り開けるまでの間は、我々の責任であり、しっかりとした道筋をもってバトンを渡したい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする