ご入学おめでとう

本日、富里市立富里南中学校の入学式に出席。この数日間、風に悩まされていたが、入学という良き日に相応しく、穏やかな日に恵まれる。96名の新入生は、新品の学生服に身を包み、緊張すら感じられる中、その一方で堂々とした姿勢で臨まれていた。これから始まる中学校生活。友達作りに勉強に、そして部活等々全てが初めてづくしのところもあるが、確実に一歩一歩大人へと向かっている。人生の方向を決めていく第一歩に踏み込んだのだから、悔いのない中学校生活を送ってほしい。そして何よりも、中学校の友達は財産。一人でも多くの財産を築いてほしいものである。新入生の皆さん、おめでとう。そして頑張れ!

昨夜は会合に出席。雨水排水問題についての話し合いが行われたが…富里市にとって、雨水排水は本当に困った問題の一つでもある。「水は高いところから低いところに流れる」とはいえ、排水路さえままならず、以上に各所において下流が市外に位置することからも、思うように進まない。唯一つ言えることは、上流である以上、最大の抑制・水質努力、機能確保は絶対条件であり、それが出来てこその放流である。幸いにも国・千葉県が主体となっての計画。一つ一つを確実に整理をし、そして早期着手完了を目指さなければ…

ところで本日、さまざまなニュースが飛び込んできている。国民新党亀井代表の離党や、大阪市のタバコによる懲戒免職。特に国政においては、重要法案もしかり、さまざまな課題が集積されている中、党内のもめごと議論ばかりで…そんなことをしている場合ではない。国民不在の議論は議論ではない。しっかりと今の国を見つめ国民を見つめ、早期の一手を打つべきであると。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする