2013年 4月

恒例となっている13,000件の会報誌の手配りが始まった。4月も入学式をはじめ、さまざまな行事も入っており、時間をうまく使っていかないと…

約一年前に受けた要望に見通しがついた。道路の舗装であったが、過去からの問題に関連し、道路境界が未確定により現在に至る。行政に対し要望を行ったところで、確定できるのであればすでに舗装になっており、出来ないから未舗装の状態が続いている。よって、最低限、境界確定の見通しをもって、行政に要望を出すことが早期舗装化への道である。要望を受けた後、境界確定をすべき権利者との交渉が始まったが、思った以上に複雑。一つ一つ時間をかけて整理をし積み重ねてきた。土・日曜日しか会えないということもあるが、実に数えきれないほど通いつめて、ようやく一年がかりで調整が図ることができた。といっても、これからが重要。細心の注意を払い工事完了までは慎重な対応をしなければ…