2013年 3月

本日、午前11時より「富里市定例表彰式」が挙行される。本年度は、1団体を含め、15人の方々の表彰となる。

高田敏秋様・高橋保夫様・平井敏雄様・原敬二様・村岡佳則様・猪狩一郎様・熱田優二様・菅澤正己様・丹さく子様・森下てるよ様・大城延子様・田和初江様・井上清子様・相川美佐子様・花教室の皆様  全ての皆様は、日頃より各分野において、積極的な活動を続け、富里市の成長の大きな支えとなっております。その功績は多大であると深く敬意を評するとともに、厚くお礼申し上げます。我々の大きな見本として、今後の更なる御活躍をご期待します。そして、一歩でも近づけるよう頑張ります。本日は、誠におめでとうございました。

3月18日をもって、平成25年第一回定例議会が閉会。この3月議会は、平成25年度当初予算審査もあり…会派結成後、初めてともいうべき議会となったため、随時会派会議を開催し、情報の交換や勉強会を実施。まだまだ力不足の三人だが、互いの刺激にもなり一人ひとりが議員として成長できればと。

最終日は、議会運営委員会・会派代表者会議・全員協議会・特別委員会・本会議とめまぐるしいスケジュールとなる。特に議員となって初めて荒れた最終日となった。一ついえることは、市民の負託を受けた議員として、常に責任と緊張感をもって取組まなければならない。当たり前ではあるが、議員としての品格とルールに徹した姿勢を改めて自覚した最終日となる。

自分の主張が一つずつ形に表れてきている。その一方で主張したにも関わらず、提言が通らず「だから言ったのに」ということも増えている。しかし、見方を変えれば「何故、もっと推し進めなかったのか」と自分の不甲斐ない姿勢への反省と、まだまだ成長できていないことを実感。議員となって二年が終わる。種まきも終わり、残り二年は、花を咲かせることに全力疾走。