2012年 4月 1日

さあ、4月1日。平成24年度がスタートした。そして、何よりも「門が開けた」 えっ、何それ?と言われるが、昨年の4月に市議会議員に当選したときに、周囲の方々から「飛ばすなよ」「じっくり見ていけよ」「一年は我慢しろよ」などと言われていた。僕としても、周囲の言葉を尊重し、ともかく一年はという思いで、議員活動にしても、議会にしても我慢しながらの一年を送った。本当は、もっと強い姿勢で臨みたいとか、もっと動きたいとか本来の自分を出し切れず終わったような…でも、そのお陰で改めて行政を監察することも出来たし、市全体を見渡す事も出来た。いよいよ門が開けたし、本来の自分スタイルで望んでいかなければ…「富里が変わる 変えてみせる」それが僕に与えられた使命である。

本日、朝から、各自治会の総会に駆け回る。と、その前に要望の現地立会いを行ったが。複数の議員との出席もあれば、一人での出席もあり…自治会組織の大小はあるにせよ、共通している事は、本当に各自治会とも活動に真剣である。総会への出席率も高く、活発な質疑が行われる。「市民に支えられているな」と感謝の気持ち。そう考えると、一緒に汗をかかなきゃ…いやいや、僕が一番汗をかかなければと、気持ちも新たに。