2012年 2月

19時からの会合まで少し時間があり、書き込み書き込み。本日議会が行われ、全ての一般質問が終わった。明日は休会であるものの、明後日からは予算審査特別委員会が続く。3月議会は、何といっても平成24年度の当初予算が上程されており、各部各課ごとに審査が行われる。実は、中途で退職した僕は、課長説明等は行っていたものの、議会での説明は経験なし。予算書の見方やポイントは多少わかっているとはいえ…時間が空けば、都度目を通し内容の確認に走る。大事な税金、市民の為まちの為に、効率的且つ効果的に使わなければならない。職員も頭をひねり計上しているが、議員である以上しっかりと見極め、納得していかなければならない。責任を持って…

あっと、時間がせまっています。中途半端ですが会合に向かいます。

昨日は、四街道市議会選挙の投票日。出来る限り応援に駆けつけていた「関根としお」さん。見事初当選を果たしました。本当におめでとうございます。縁あって応援に初めてお邪魔をしたときは、告示二日前。正直「大丈夫だろうか」と不安もあったのですが、告示と同時に見る見る成長していく姿、そしてたくましさを増していく姿に、「いける」と感じるようになり、スタッフも日々一枚岩になっていき、大きな力となった。本人はもちろんのこと、全員で勝ち取った大きな勝利である。自分自身も、驚くほど昨日は喉がつぶれてしまい、知らず知らずに「必死になっていたんだなあ」と我ながら納得。そして大きな結果が生まれたことで、自分の事のように喜べ、満足感に浸ることが出来た。短い間でしたが、皆さんには本当にお世話になりました。いい思い出の一つとなりました。そして、これからは同じ市議会議員として、関根さん共々一生懸命に頑張っていきますので宜しくお願いします。これで、芝山町議選に続き、二週連続の勝利。本当に良かった!

先週金曜日に「一般質問」に登壇。その内容については、さまざまな意見はあると思うが、何より自分自身が一番わかっているつもりでもある。反省をしっかりとし「富里が変わる」その原動力となる覚悟でいる。さらに磨きをかけなければ…

本日、午後1時より議会が開会。二日目の今日は、個人による一般質問が行われ、三人が登壇。それぞれ思いを寄せた質問と、特徴ある質疑であり、さまざまな角度から勉強になる。なにしろ、まだ三回しか経験しておらず、「まだまだ…」「情けないな…」というのが、自己評価。いよいよ明日は四回目となる一般質問に登壇する。今回も一年間のテーマに沿っての質問を主とした。一年の締めくくりであり、頑張らねば!

協働のまちづくりについて

都市計画について(用途の変更)

給食センターの残菜の処理について

平成23年一般質問について(産業振興基本条例について・南西地区の土地利用について・市民図書室について・洗心小学校について)

がしかし、まだ準備が整っていない。頭の中では、それとなく出来てはいるものの…幸い明日も午後からの議会であり、午前中は集中集中で、まとめます。

昨日は、議会が休会ということもあり、合間をぬって四街道市議会選挙応援に駆けつける。不思議なもので、候補者も選挙戦に入り、まだわずかしか過ぎていないのに、日々たくましさが増している。そして、笑顔も自然と見えてきている。候補者は、朝のつじ立ちから始まり、自転車に乗り、そして夜も駅でのつじ立ちと、一方で遊説車での運動と…出来る事はフル回転で立ち向かっている。この日も遊説車に乗り込み、本人さながらにマイクを握り…人が多いところに行くと、どうも気合が入り、最終日を思わせる声になってしまう。ただ一つ言えることは、数日前に比べ反応はよくなってきているように思える。そして夜は、候補者ともども駅でのつじ立ち。実は、つじ立ちといっても、なかなか奥深いものがあって、特に他の候補者と重なった場合、威力を発揮する技がある。夕方の駅ということもあり、各陣営が集結してくる。ただし、やはり関根陣営は若い!この若さと技を使う事で、恐らく他陣営と比較される。まさに都合が良い事である。いよいよ選挙も終盤戦へと…残りわずか、思い残すことなく「やれることは全てやりきる」関根としお候補の健闘を祈ります。

ところで、24日は自身の一般質問なのに、まだ準備に取り掛かっていない。これからやらなければ…

昨日10時から、平成24年第1回富里市定例議会が始まる。特に、平成24年度富里市一般会計・特別会計等の予算が議案として上程されており、24年度の方向付けをすべき議会となってくる。初日は、まずは副市長である「石橋規」氏の任期満了となることから、再度選任の同意について審議がなされ、賛成多数により同意された。その後議案1号から31号までの説明がなされ、二つの会派の代表による一般質問となる。両会派とも、平成24年第1回という事もあり、施政方針及び平成24年度予算を中心とした質問内容である。特に、いつもの事ながら、公明党は、市政の細部に渡り、しっかりと見極めており、質問の随所に強く感じたものである。

会派代表質問後は、全員協議会が開催され、①下水道課の移動及び事務分掌の見直し②システム障害③ホームページのリニューアル④学校給食センター施設統合事業⑤七栄北新木戸土地区画整理事業について協議がなされた。どれをとっても台所事情がわかるか一方で、考え方の違いを感じたものの、大きな脱線へと繋がるものではないと、自分なりに判断をしたところである。但し、今後しっかりと観察はしていかなければならない。特に給食センターについては、プロポーザル方式に関わらず、何故、この時点で事後報告的な大幅な変更になるのか。本来であれば、企画・提案に基づき業者選定を行っている以上、変更を余儀なくされた時点での議会説明のはず。その苦慮はわかるが…ましてや、敷地計画が手薄であり…また、新木戸土地区画整理事業については、平成12年当初から10年以上が経過をし、情勢の変化とともに、計画の変更も余儀なくされており、担当の苦労がわかる。ただいえることは、安定した財源計画である。その財源を何処から確保し、事業に投資するかという根本的な部分のみが壁となっている。ならばこの部分の議論・この部分の道筋を作ることが先決であると思うのだが…そのために、今僕自身が取り組んでいるのである。

日曜日に、芝山町議選挙の投票そして開票が行われた。応援をし続けた「麻生たかゆき」氏、見事初当選。本当に本当におめでとうございます。これからが本番、いろいろ大変な事もあるでしょうが、芝山町のために若さと思いを持って頑張ってほしいですね。もちろん僕も負けずに頑張りますけど…

そして、芝山町に続いて今度は四街道市議会選挙の応援に、日曜日から出ている。何人かは応援しなければと思う候補者がいる中で、縁あって、芝山町同様、新人候補の「関根としお」候補(45歳)の応援を行っている。「よさこいソーラン」の代表など、活発に市民活動を行ってきており、活躍の場を市政へと決意したものである。定数5人オーバーという激戦ではあるが、持ち前の若さとフットワーク、そして四街道への思いで、勝利の女神を引き寄せなければ…あいにく、僕は議会が始まるということで、恐らく週末まで顔は出せないが、杭の残らない選挙戦を願い、応援してます。

昨日は、芝山町議選挙立候補者「麻生たかゆき」君の応援に…自分の仕事の合間での応援でもあり、もっとやりたいところだが。久しぶりに遊説車に乗り込み、下手ながらマイクを握る。この空気、何度味わっても燃えてくる。自分の時はなかなか気持ちに余裕もなく感じられないが、応援となると選挙をしっかりと味わえる。ましてや、自分の住むまちでなければなおさら…町民の反応もなかなか。やはり前評判通り、いい戦いをしている。

そういえば、僕の話し方は熱いとよく言われる。だから選挙でも、前半戦向きではなく、後半戦向きらしい。そう思うと、投票日二日前に応援に行けたのは良かったのかも。というより、もっと応援したかったのだが、あっという間の時間で終わってしまった。日曜日からは四街道市議選の応援に…ところが、議会が始まりこちらも思うような応援が出来ない。ああ残念

昨日、芝山町議選挙の告示となる。今回のこの選挙、参議院議員全国比例区候補者秘書時代に出会った、当時千葉県商工会青年部会長であった「麻生孝之」君が初出馬となり、応援に駆けつける。

市役所退職後、直ぐに飛び込んだ政治の世界。秘書という肩書きはあったものの、何もわからないまま選挙戦へと向かい…当時、麻生君と知り合い、千葉県下の青年部の力を結集する上で、本当に頼りになったものである。そして、いよいよというか、少し遅いのではとも思うが、町議選に出馬することが決まり、報告を受けてたのが昨年の暮れ。あっという間に告示日を迎えた。芝山町長をはじめ、多くの来賓、そして地元市民に囲まれての出陣式。どう見ても勢いが違う。若さが溢れる陣営である。5日間という短い選挙戦ではあるものの、最後の最後まで、取り過ぎてダメという事がない以上、一つでも多く積み上げてもらいたい。そして、一人づつ各市町村に増え続ける仲間達とともに、競い合い協力し合い、それぞれのまちを変えていこう!明後日は、選挙運動に応援予定。久しぶりにマイクが持てるぞ。麻生孝之、頑張れ!

昨日も朝から、個別訪問へと走る。寒さも、体が慣れてきたのか、以前よりも感じなくなってきている?昨日は、日吉台の音楽祭が行われる日でもあり、個別も日吉台にすることとした。スタートである、10時50分に間に合うようにと、気にしながらの個別ではあったが、思った以上に時間がかかり、気づけば昼となってしまう。結局、午後からお邪魔させてもらう事に…丁度「北総エコー」の方々による合唱が始まり、一時ではあったが、心を休める貴重な時間をいただく。考えてみれば、個別個別と歩く毎日。夜は会合等に出席で、なかなか心から休めるときが睡眠以外ない。そう思うと、ありがたい時間である。何よりも、運営をしているスタッフの努力が、会場設営からも感じ取れる。頑張るスタッフと芸達者な市民の手作り音楽祭。いいもんですよ~

先日、前富里市長である、相川義雄氏の葬儀告別式がしめやかに執り行われた。僕にとっても、数々の思い出を作っていただいた、名物市長の一人である。特に、七栄インター周辺の土地区画整理事業の担当となった時、その頃はまだ、事業も大きな動きもなく、一方では、早くに事業化に向けてと騒がれていた頃でもあった。朝の6時から前市長からの電話や訪問と、朝から晩まで動き回っていた記憶が蘇る。そして、事業認可をいただいた時の万遍の笑顔も忘れられない。そしてそして、認可までの苦労話も含めた全国での発表会の席では、随行として前市長と出席したが、その壇上で前市長から名前を言われ、紹介をされたときは本当に驚いたものである。富里町から富里市へと市政施行へと導いた前市長。富里市の歴史に名を刻んだ、そして富里市の成長に身を捧げてきた前市長のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

気をつけていたにもかかわらず…戸別訪問の最中にバイクで転倒してしまった。幸い大きな怪我にはならなかったが、バイクの一部が破損し、特に足首が痛む。やっぱりバイクは怖いなぁと、あらためて強く感じたものである。毎日寒いし、ここのところ強い風は吹くし…思うように個別が進まないこともあって、気持ちが他に行っていたのかもしれない。いま一度心に、安全運転ですな。